お手つきゲーム(キーワードゲーム)

hantai_act使用教材: EPM式英語カード(反対語)

言語教材:

heavy ⇔ light / long ⇔ short / thick ⇔ thin / clean ⇔ dirty/ dark ⇔ light / little ⇔ big/ soft ⇔ hard など
(重い⇔軽い/ 長い⇔短い/ 厚い⇔薄い/ きれいな⇔よごれている/ 暗い⇔明るい/ 小さい⇔大きい/ やわらかい⇔かたい)

ゲームを始める前に、十分に反対語に慣れ親しんでからゲームを始めましょう。

キーボードを使用し、リズムに合わせて慣れ親しませると効果的です。
EPM式電子キーボードセット

手順:
①黒板にEPM式英語カード(反対語)を貼り付ける
②キーワードを決め、キーワードのEPM式英語カード(反対語)を分かりやすく囲む。
③ジャンケンをし、勝った児童は叩き役となり、勝った児童の左側の児童から時計回りに順番に手を重ねる。
④先生が反対語を発話したあと、必ず全員で発話する。
先生がキーワードを発話した際、叩き役は手を叩き、その他の児童はすばやく手を引く。

Bookmark the permalink.

Comments are closed.