◆ミッシング・ゲーム★クリスマスバージョン

missinggame_act使用教材: EPM式英語カード(クリスマスプレゼント)
ねらい:コミュニケーションを図りながら活動を楽しむ。

言語教材:
computer / robot / inline skates / bicycle / unicycle / gloves / telescope / wristwatch / Teddy bear / bag / dollhouse / comic book

サンタクロース:What do you want for a present?
児童 : I want a (an) ~ ,please.

 

通常、新しいワードの導入を最初に行なった上でミッシング・ゲームをしますが、ミッシングゲーム★クリスマス バージョンでは単語導入を予め一切行なわず、そのままアクティビティーに入ります。その絵のワード(単語)が分らなければその都度、先生が伝えるようにします。


手順:
黒板にサンタクロースの大きな袋を描きます。

その中にEPM式英語カード(クリスマスプレゼント)を貼り付けます。

先生がサンタクロースになり、ミッシング・ゲームと同じ要領で サンタ・バッグに貼り付けてある中からEPM式英語カード(クリスマスプレゼント)を1枚外し ” What do you want for a present?” と尋ね、児童は取り外されたカードは何であるかを答えます。

日本語で答えた場合、もしくは、ワード(単語)のみで答えた場合、先生は”I want a (an) ~, please.” の表現を発話し、表現を導入していきます。

最初は5枚くらいから始め、徐々に枚数を増やしていくといいでしょう。

“ I want a (an) ~ ,please.”が難しい場合、”~,please”.のみでもよいでしょう。
具体例:一輪車の場合
先生 / What do you want for a present?
児童 / 一輪車!
先生 / Unicycle! I want a unicycle, please.
児童 / I want a unicycle, please.(先生の後に繰り返してみる)
先生 / What do you want for a present?(先生がもう一度聞く)
児童 / I want a unicycle, please.

 

Bookmark the permalink.

Comments are closed.